« G tokyo 2010アートフェアにて | トップページ | K−1MAX 初の-63kg級大会 »

緊急トークセッション「どうなる? 日本の総合格闘技」

五味、青木、宇野。
2010年春、日本MMAの元王者クラスが3人、立て続けにアメリカで完敗を喫しました。
国内でメインを張ってきた吉田秀彦も4月で引退。
日本の総合格闘技は未来への展望が見えない状況です。

以前から、友人を集めて、延々と格闘技話をする会合をごく内輪で開催していたのですが、改めてオープンな形でやってみたくなりました。

言い出しっぺは不肖私ですが、スピーカーはホンモノです。
プロレス/格闘技界の表も裏も知る男。
フリーランスの選手エージェント、ブッカーKこと川崎浩市氏。

もう一人は、元DSE取締役・水谷広保氏。
これまで表に出てこなかった方ですが、
外国人選手の管理を担当し、リングとは別の現場を管理してきた方です。

PRIDEの権利がZUFFAに売却され3年。

お2人にあれこれ疑問をぶつけてみようと思います。

開催の目的は暴露大会に非ず。
PRIDEの戦後処理からしっかり学ぶことで、日本のMMAが
次に何をするべきかを考えたい、という非常に前向きな集まりです。
DREAMが金網への移行を表明していますが、それで問題は解決するのか?
日本のMMAがいま為すべきことを考えたいと思います。

ustream中継も準備中ですが、お時間のある方、会場へお越し下さい。

「どうなる? 日本の総合格闘技」

日時   2010年5月8日(土)
      18:00開始 約120分を予定しています

会場   T’sフラッグ渋谷
       住所:渋谷区宇田川町33−6 Shibuya Flag 8F

出演     川崎浩市(フリーランス・エージェント)
        水谷広保(元株式会社ドリームステージ・エンタテインメント取締役)
          本橋康治(フリーライター)
入場料  2000円(税込)

受付/問い合わせ先
  y-motohashi@tsbiz.jp 
  メールにてお名前と参加人数をお知らせください
  折り返し確認のメールをお送りします
  当日の参加も受け付けいたします。

|

« G tokyo 2010アートフェアにて | トップページ | K−1MAX 初の-63kg級大会 »

プロレス&格闘技」カテゴリの記事

ファイティングアート」カテゴリの記事

コメント

良いですね。
それこそ俺のマネージャーをする人だ。
ビックマウスでお願いしたいところだ。
皆、聞きたい。本当の光と影を。

俺のブログにも書き込んで置きます。

投稿: 中尾KISS | 2010年5月 5日 (水) 13時29分

中尾KISS様
ありがとうございます!
本当の光と影。
おっしゃる通りですね。これまであまり語られてこなかったアングルから、光を当ててみたいと思っております。今度ともよろしくお願いいたします。

投稿: motohashi | 2010年5月 7日 (金) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊急トークセッション「どうなる? 日本の総合格闘技」:

« G tokyo 2010アートフェアにて | トップページ | K−1MAX 初の-63kg級大会 »